取扱い製品とサービス

標的型メール訓練サービス

社員ITセキュリティ教育のツールとしてご活用いただくクラウド型サービスです。
標的型メールとは企業や個人をターゲットに、機密情報や知的財産、アカウント情報(ID、パスワード)などを盗み取ることを目的としたメールです。 特定の企業や個人を対象とするため、アンチウィルス対策ソフトやネットワーク型セキュリティ装置では検知されず、ユーザーまで届く確率が高いものです。
そのため、受信者が標的型メールであることを気づけるよう訓練することが重要です。
標的型メール訓練サービスは、疑似メールをお客様指定のメールアドレスへ送信し、メール受信者の添付ファイルの開封履歴、URLアクセス履歴を集計しレポートを提供します。

標的型メール訓練サービス サービス図

訓練メールの種類

  • 1.添付ファイル型:
    zipファイルを添付したメールを送信します。
    添付ファイルを開くことで、訓練サービスへ受信者アドレスが記録されます。
  • 2.URLリンク型:
    URLリンクを記載したメールを送信します。
    URLリンクを開く事で訓練サービスへ受信者アドレスが記録されます。
  • 3.ボタンリンク型:
    上記URLリンク型と同じ仕組みです。ボタン型のリンクが表示されます。

訓練の詳細

お客様に詳細をご指定いただけます。例えば『添付ファイル型』で指定できるのは、「送信元メールアドレス」「送信元表示名」「メール件名」「メール本文」「添付ファイル名」「添付ファイル内容」「送信先メールアドレス」「実施時期」になります。
「添付ファイル内容」では、訓練であることを知らせ、指導内容、報告先等を記載することができます。
お客様のイメージにあったテストを行うことができます。

標的型メール訓練サービス 詳細図

テスト結果のレポートも標準装備

テストレポートをWEBサイトで確認可能です。
s ※レポート本体はPDF、集計リストはCSVで保存が可能です。

ご利用料金

標的型メール訓練サービス ご利用料金




◆資料請求やご相談など、お気軽にご連絡ください。
監視サービスのお問い合わせ