取扱い製品とサービス

VMware サーバー仮想化によるコスト削減・運用の効率化

サーバーの仮想化とは、1台の物理サーバー上で複数の仮想マシンを運用することを言います。現在のビジネスはIT無しには成り立たないことが多く、業務アプリケーションやシステムを導入する度に、専用の物理サーバーを導入し、ハードウェアの保守費用、維持管理の手間はサーバーそれぞれに必要でした。
サーバーの仮想化は、そのような物理サーバーの増加をストップ。1台の物理サーバーの中に複数のサーバーが動く環境を実現します。

サーバー仮想化のメリット

物理サーバーが乱立することによる様々な課題を解消します

  • 各サーバーのスペックを最大負荷時にあわせて導入しており、普段のリソース利用率は半分にも満たず無駄が多い。
  • 開発やテスト環境のためにも別途サーバーを用意しなければならない(コスト増大)。
  • 老朽化したサーバーのリース切れや保守期限切れが毎月のように訪れ、常に新しいサーバーの導入および移行作業に追われている。
  • 業務運用に支障を与えない短い計画停止の時間内では、必要なバックアップやメンテナンス作業を完了できない。
  • OSやミドルウェアのライセンス費、ハードウェアの保守費用などの費用が膨大に積み上っている。
  • 社内にはサーバの設置場所がなく、社外データセンターに高価なラックスペース費を支払っている。
VMwareサーバー仮想化によるコスト削減・運用の効率化

メリット例① : サーバーを1台追加するときも・・

VMwareサーバー仮想化により開発環境をすぐに用意可能

メリット例② : サーバーに障害が発生しても・・

VMwareサーバー仮想化によりシステムメンテナンスも効率的に

ティアックオンキヨーソリューションズにおまかせください

ティアックオンキヨーソリューションズでは、シンプルなサーバーの仮想化統合だけでなく、物理サーバーの仮想環境への移行や仮想環境のHA構成、仮想基盤vSphereのバージョンアップ、プライベートクラウドの構築等、多様な対応経験を有しています。また、実作業に先立つサーバー群の仮想化計画の提案・立案も行っております。仮想化にあたっては、将来のサーバー追加、ハードウェアの保守期限、OSの保守期限、TCOを考慮にいれて検討することが重要なファクターとなっています。お客様の環境や運用、管理者様のお考えも尊重しながら、より良い仮想化の運用をサポート致します。

DataNature Smart ver.3図ヴイエムウェア株式会社 のオフィシャルページはこちら


◆資料請求やご相談など、お気軽にご連絡ください。
VMware・サーバー仮想化のお問い合わせは